ミニマリストになりたい主婦のたわごと。

ミニマリストに憧れる20代専業主婦の雑多にも程があるブログ

キャッシュレスに目覚めたきっかけ


出産するまで私はゴリゴリの現金主義者でした。

クレジットカードはスマホの引き落としと通販で使う程度でそれ以外は完全現金派。

電子マネーとかは使うメリットがよくわからないしお金を使ってる感覚がなくて怖い

そんなふうに思っていました。


そんな私がなぜキャッシュレス派になったのか?

それは出産後の息子とのお出かけがきっかけでした。


抱っこ紐でお金払うのって意外と大変


お財布から小銭を数えて出して、お札を出して〜というこの一見何気ない動作。

赤ちゃんを胸の前に抱っこしていると意外と大変なんです。


・胸の前に赤ちゃんがいるぶん手元と目の距離が遠くなるので財布の中身が見えにくい。

・ミスってお金を落としたら拾うのに一苦労する(店員さんや優しい他のお客さんが手伝ってくれるとは思いますが申し訳ない気持ちになりそう)


こんな感じだったので、「もっと簡単に支払いが出来たらなぁ」と思うようになりました。


まず最初に試したのは


1番最初のキャッシュレス手段は近所のスーパーが独自で発行しているポイントカードと電子マネーが合体したカードです。

チャージ機でチャージすればお会計の際にカードを渡すだけ支払いができるので支払いも楽々だし、チャージ分も利用分もポイントが貯まる。

貯まったポイントは500円の商品券に交換して使える。

暫く使っていて使い心地は良かったのですが



どのお店でも使えるキャッシュレス手段が欲しい


当然ですが近所のスーパーのプリペイドカードは他のドラッグストアやスーパーでは使えません。

他のお店に行ったときは結局現金で支払いをするしかありません。

他に何かいい方法はないだろうかと考えて次に試したのは楽天カードでした。

楽天カード8000ポイントプレゼントに釣られて作ったものですがこれなら100円につき1ポイント入るしクレジットカードが使えるお店ならどこでも使えるし便利では?!と思い、使い始めました。



楽天カードApple Payに登録


楽天カードを使いはじめて数ヶ月はカード本体を出して決済していたのですがふとApple Payの存在を思い出しました。


「あれ?もしかしてこれに楽天カード登録できるんじゃない?」


登録できました!!


しかも歩いて5分くらいの圏内あるコンビニ、スーパー、ドラックストア全てでQUICPayとして使える。

おサイフケータイ的なものは自分とは無縁だと思っていましたがめちゃくちゃ簡単に使えるようになってしまいました。


Apple Payは息子を抱っこしながらでもさっとポケットからiPhoneを出してかざすだけなので、お財布を取り出す必要さえありません。

楽ちん〜!!!!!



楽天カード×Apple Payは快適だったが「利用通知」が来るのが遅いのが難点


クレカの利用通知がその都度メールで来る時点で感謝すべきなのかもしれませんが、楽天カードの利用通知は来るのが遅いと感じていました。

使った次の日とかにメールが来るタイムラグがなんとなく気に始めた頃、Twitterkyashというサービスを知りました。



kyashとの出会い


kyashは普段使っているクレジットカードやデビットカードを紐付けて使うプリペイドカードのアプリです。

アルカードを発行して使用すると紐付けているクレカのポイント分+kyashのポイント1%が貯まるのでクレカ1枚で使うよりも1%お得。

(以前は2%キャッシュバックという形でしたが10月からは1%ポイント還元制に変わりました)


クレカを紐付けてしまえば自動でチャージもできるし金額を決めてチャージすることも可能!!

なので最初に3000円を入れておいて、もしお会計が3,098円だったとしても98円分は自動でチャージされるので、端数を使いきれないということがないのです。


さらにkyashは決済が完了するとすぐスマホに通知が届きます。

これが本当にありがたい。


アプリもとても見やすく使いやすいので気に入っています。 



kyashのいまいちなポイント


・自動チャージも手動チャージも可能

・リアルタイムで通知が届く

・クレカ単体で使うより還元率が高い

・アプリが使いやすい


等のたくさんの利点があるkyashですが、ウーンと思う部分もあります。

それが以下です。



Apple Payに対応していない


Google Payには対応していますがApple Payには対応していません。

なので会計の際にはカードを提示する必要があります。

まぁいいんだけど〜!

現金に比べたらはるかに楽なんだけど〜!

お財布を出す必要がある点はApple Payに比べると少しだけマイナスです。

まあこれはApple Payに対応していないお店に行く時もあるので仕方ないと言えば仕方ないですね。



セキュリティに若干の不安がある


お金を預かっているアプリにもかかわらずアプリを開いた時に毎回指紋認証なしにスッ……と入れてしまうことになんとなく「大丈夫なのかしら?」と感じる。

万が一リアルカードを紛失した時のためにカードをロックできる機能はありますがもしアプリ自体に第三者に侵入されたらおしまいなのでは

公式によると、セキュリティ強化のために時々パスワード変えてね!とのこと。

でもこれはメルカリやPay系の他のアプリでも言えることかも。



使えない場合もある


ガソリンスタンド等で使えないらしいです。

私は事前に知っていたのでガソリンスタンドではQUICPayを使います。



不正利用の補償がない


自動チャージができるとは言っても実質的にはプリペイドカードだから仕方ないのかもしれませんが不正利用された際の補償はありません。

これが1番クレジットカード会社とは違うと感じる点です。



と、個人的に思うkyashのいまいちな所はこの4つでしょうか。


セキュリティに少しでも不安のあるアプリ(しかも補償なし)にお金を預けるってどうなんだ?という気はしますが本当に使い勝手は抜群にいいんですよね。

もう少しセキュリティ強化してくれてApple Payに対応してポイントもちゃんとつくようにしてくれたらマジで言うことなしの最強決済アプリになりそう。


とりあえず、これから使っていく決済手段はもう少し色々調べて試して決めます。



まとめ:キャッシュレス、マジ便利


災害が起こった時やネットにつながらない、サーバーダウンした時などには買い物が一切できないという欠点はあるものの、やはり現金と比べたときのお会計の早さと楽さ、様々なキャンペーン、ポイント還元などのお得感があるキャッシュレス決済の普及は、日本で一層加速していくと思います。


これからも、もしものための現金数千円は必ず持ち歩くようにしたり、使いすぎ防止のために家計簿アプリを活用するなどして、上手にキャッシュレス決済を使いこなしていきたいです。